学校評価

令和3年度学校目標・評価


 令和2年度は外で遊ぶ機会を増やすように心がけました。感染症予防対策も含めて,病気で休む子どもの数は例年よりもかなり少なくなりました。
 令和3年度も引き続き外での遊びに力を入れていきたいと考えています。
 子どもたちが,健康に健やかに育つように,様々な遊びやスポーツを工夫し取り組んでいきたいと考えています。
令和3年度 認定こども園葵第二幼稚園 自己評価報告書

 学校目標
 新型コロナウィルスに警戒するため,子どもたちが家庭に戻った時に,外で遊ぶ機会が少なくなり,体力が低下するのではないかと心配する声が昨年度に引き続き,本年度も保護者の方々から聞かれた。
 そこで,本年度も,新型コロナウィルスの感染に配慮しながら,戸外遊びの充実を図り子どもたちの体力づくりをすすめることを目標にし,実践に取り組んだ。

園の取り組み
 密を避けるため,教室よりも,できるだけ園庭で多くの時間を過ごすことができるカリキュラムを構成した。また,本園は徒歩3分程度の距離に名古屋市の管理するグランドがあるので,その場所も積極的に利用した。

 具体的な実践
 ○ 例年,1学期には,親子遠足で親子で園外に出かけていたが,昨年度はこの行事は中止をした。本年度は保護者の参加を見合わせ,子どもたちだけで,運動施設(半田運動公園)に行った。

 ○ 登園したら,教室でブロックなど自由遊びをすることが多かったが,昨年度より,積極的に園庭に出て遊ぶようにした。そのため,職員の配置を,教室で園児を迎える担当と,園庭で園児を監督する担当に分けて対応した。

 ○ 昨年度より,園庭で行っていたマラソン会の練習は,学年別に白水公園野球場で行った。
白水公園野球場に行くときは,学年の教諭と,当該学年ではない補助の教諭もついて行くようにした。

 ○ 本園の周辺には,多くの公園があるので,園外での散歩を積極的に行った。

 ○ 正課指導として,外部講師を招き,跳び箱,マット運動,縄跳び,ダンス等を行っているが,例年よりも屋外で行うようにした。

評価と反省
 ○ 半田運動公園は遊具も充実しており,また,来園者の数も少なく,伸び伸びと遊ぶことができた。来年度も来園したい。

 ○ 登園して来る子どもの数が増えると,園庭での人数が増え,遊具によっては密になる状況が見られた。 ドッヂボールは広く面積をとるので,サンパン(枠を仕切らないボール遊び)を行うなどして,子どもたちが分散して遊ぶことができるように,積極的に新しい遊びを子どもたちに提示していくことが大切であることが分かった。

○ 本年度は,白水公園野球場がバックネット改修工事で全面を使うことができなかったが,広い場所で自由に動き回ることができ,子どもたちの体力的にも,心理的にもとてもよかった。ただし,近くとは言え,交通安全の確保に留意が必要である。

 ○ 園外での散歩は,交通安全の確保が大切であり,より多くの補助教諭の人員確保が必要である。

 ○ 水泳指導の際,昨年度は布マスクを着用したが,本年度は水泳用マスクを着用した。濡れても呼吸を妨げることなく,飛沫が飛ぶことを抑えられてよいと思う。
評価委員による評価及び報告

公開保育実施日   令和3年12月8日,9日

参加評価委員    6名  名古屋市立柴田小学校校長,認定こども園さくらんぼの夢園長,
              保護者の会役員4名

自己評価に対する評価

○ 朝,クラス毎に鉄棒,うんてい,登り棒などに取り組む様子を見学した。子どもたちだけで遊ぶのでは なく,先生の適切な指導がありよいと思う。また,新しい遊びへの取り組みを増やすこともよいと思う。

○ 半田運動公園に行ったことはよかった。全学年で行くことができるとよい。

○ 遊具が密になることがあるならば,園庭の利用に時間差をつけてはどうか。

○ 部屋で遊ぶことが好きな子どもも,先生の声かけで外で遊ぶことができるようになってよかった。

○ 園外での交通安全の確保には,保護者の会も積極的に参加したい。

○ 水泳用マスクは息苦しさがなくてよかった。

その他のご意見
・新型コロナウイルスによって休園することはあったが,すべて家庭内感染であり,園の感染対策が効 果を奏していたと思う。

・入園する前は,公園の遊具で遊ばなかった子どもが,入園後,自ら遊具で遊ぶ姿が見られるようにな り,体を動かすことが好きになった。先生や友だちからの影響を受け,成長している姿が見られる。
・夏場に園庭で遊ぶ時に,テントで日陰を作ったり,やミストを設置したりするなどして熱中症予防の 対策がされていてよかった。
園からの評価委員の方への質問の結果

 ① 今年度は,外で遊ぶ機会を増やしましたが,子どもたちの様子はどうですか。
変わった子どももいれば,変わらない子もいて一概に判断できない。

 ② 外での遊びを増やすことは子どもたちにとってよい影響を与えていると思われますか。
概ねよい影響を与える思われる。

 ③ 体力の向上のため取り入れたらよいと思われる遊び,競技などはありますか。
馬跳び,手押し車,カエルバランス

④ 新型コロナウィルスの感染予防のため生活様式が変わり,お子様に変化が見られるようになりましたか。
消毒,マスクの着用が自然になった。

まとめ
 学校目標の設定,自己評価・反省は適切に行われていおり,今後も子どもたちの体力向上をめざして欲しい。